仕事において、明確なキャリアビジョンを持っていることと、現実的なキャリアプランを立てているかは、非常に重要です。
会計士として着実にキャリアアップを図るためは、どのような方法があるのかをご紹介いたします。

1.就職する

会計士試験に合格したら、公認会計士の資格を取得するために2年以上の実務経験を積むことと、実務補習を修了するために監査法人へ就職を目指す人が多い傾向にあります。

業務内容としては、監査業務を主としていますが、企業の経理業務などを担当することもあります。監査法人で働く魅力としては、大手企業との契約がある場合に、その案件を担当するチャンスがあるかもしれないことです。また、所属するベテラン会計士の側で働ける機会は、自身のスキルアップやキャリアアップに大きな影響を与えてくれます。それだけではなく、キャリアパスの道標をしっかり見据えることにもつながります。

2.独立開業する

監査法人などでキャリアを重ねた公認会計士であれば、独立開業も夢ではありません。

例えば、「都会の一等地で大手企業を相手として精力的に仕事をしていきたい」・「地元の中小企業から信頼される公認会計士になりたい」など、キャリアビジョンは人によって様々です。構築した自身の理念や方針に基づいて企業と直接契約することは、自身の信用と信頼と実力によって勝ち取れるものなのです。

3.紹介会社を利用する

自身のキャリアアップや、企業とのマッチングの関係などで、現在勤めている監査法人や企業からの転職を考えている方も少なくないのではないでしょうか。

現在、公認会計士を必要としている企業様は多く存在します。企業に貢献してくれる優秀な人材や、幹部候補としての豊富なキャリアを持った公認会計士を必要としている企業様もいらっしゃいます。待遇面はもちろんのこ と、企業と人材が必要とし合う関係というのは非常に大切にしたい部分でもあります。

PCPは、転職をお考えの優秀な公認会計士を、必要としている優秀な成長企業に紹介することに特化した会社です。
企業様の成長を促すことが日本経済全体の発展に寄与するという理念の元で、情熱的・誠実・専門的な公認会計士と、同様の性質を持つ企業様との出会いをお手伝いいたします。