公認会計士の資格を取得すると選択肢が広いので、キャリアアップを目指せます。 そこでこちらでは、公認会計士のキャリアパスにはどのようなパターンがあるのかご紹介します。

1.監査法人

多くの会計士が最初に就職する“監査法人”

公認会計士の資格を取得して、まず初めに就職できるのが監査法人です。監査法人とは、弁護士でいうところの法律事務所のような場所で、公認会計士のみに許された資格業務に携れます。主に、企業の経営状態を公開する財務諸表が適正に作成されているのかをチェックしています。 事務所の共同経営者としての責任を与えられるパートナーは公認会計士が監査法人内で目指す最高のポジションといっても過言ではありません。また、最近では理想のキャリアビジョンを実現するための修行の場として監査法人で経験を積む方も増えてきています。

2.一般企業の経理・財務

“一般企業”のパートナーに

監査法人で経験を積んだ後のキャリアパスとして、一般企業の経理や財務を担う方もいらっしゃいます。 ビジネスの多様化が進む近年では、グローバル化やIT化、大規模な拡大などの影響もあり財務や経理に関する業務が複雑になっています。そのため、多くの企業で会計の専門的な知識を有している公認会計士が必要とされています。 元々は、作成された財務諸表をチェックする業務を行っていたのですが、企業に勤める場合には、経理や財務管理・経営企画などの様々な業務を担います。企業内で経験値を高めて、CFO(最高財務責任者)を目指すといったキャリアパスもございます。

3.経営コンサルティング

経営の方向性も提案する“経営コンサルタント”

公認会計士がキャリアアップとして選ぶ人気の転職先は、経営コンサルタントです。コンサルティング事業にも、ファイナンシャル・アドバイザリー、企業戦略系コンサルタント、財務・会計コンサルタント、企業再生コンサルタントなど様々な種類がございます。 直接クライアント様と関わり合うので、やりがいを感じやすく実力が備わっていれば収入面にも優れています。経営難に悩まされている企業が多数存在する現在では、経営管理を見直して改善策を提案する経営コンサルティング事業が求められています。

4.独立開業

経験を生かして一国一城の主となる“独立開業”

監査法人で経験を積んだ公認会計士のセカンドキャリアとして、独立開業を選ぶ方もいらっしゃいます。
しかし、独立開業を成功させるためには、公認会計士の専門知識だけでは難しいのが現状です。個人経営となりますので、中小企業を対象とした事業が予測されます。中小企業を経営の面で支えるためには、監査業務以外の税務やコンサルティング業務などの幅広い分野の知識と経験を兼ね備えている必要がございます。