転職エージェントと一口にいっても、その種類や分野は様々です。こちらでは、良い転職エージェントと悪い転職エージェントの特徴をまとめました。ぜひご参考ください。

1.転職エージェントはどんな種類があるか

転職エージェントには2つの形態があります。

大手総合型転職エージェント

ブランド力や知名度の高い大手エージェントは、数多くの求人情報を誇っています。組織規模が大きく求人者数も多いため、まずは転職希望の候補者に登録をしてもらい、大量の求人情報の中からマッチングしていくスタイルを取っている所が多いです。

業界特化型転職エージェント

総合的な情報よりも様々な業界に特化している求人情報が多いのが特徴です。きめ細やかな対応が可能で独自の強みを持っています。特に、市場規模の大きい経理やIT系などの専門性の高い分野に特化した転職支援を行っている会社が多いです。業界の深い知識や経験を積んだ優秀なコンサルタントが在籍しています。

2.良い転職エージェントとは

良い転職エージェントは最適な環境を紹介します。

専門知識や経験豊富なコンサルタントがいる

公認会計士の就職先を探すのでしたら、業界に精通しているコンサルタントが必要不可欠です。専門性の高い分野だからこそ、深い理解を持っていないと伝えられない内容もございます。

適切なアドバイスをしてくれる

「自分のどんな職歴が評価されるか」「面接でどのような質問をされるか」などの転職者が求めている情報の提供や的確なアドバイスをしてくれるかを見極める必要があります。

企業の人材ニーズを的確に把握している

企業によって、また同じ企業でもそのときどきの規模やステージ、内部メンバー、外部環境などによっても人材ニーズは異なります。ビジネス内容はもちろんのこと、企業の現況をきちんと理解した上で、求めているニーズはどのような人材なのかを的確に把握していることが重要です。

3.悪い転職エージェントとは

悪い転職エージェントもいます。ご注意ください。

転職をむやみに薦めてくる

自分自身の年齢やキャリアという状況だけでなく、外部の市況などによっても、転職すべき時期というものは異なってきます。一方でエージェントは転職をさせることで利益を得ていますので、どういう場合であっても、「今すぐ転職すべき」という話をする方が儲かります。自身の適切な時期をプランニングしてくれず、焦らせてばかりくるエージェントにはご注意ください。

自分に適さない求人ばかり紹介してくる

人の出入りが激しいため常に求人を募集している会社や、求人票のみの情報で良い面しか教えられない会社などは、自分のニーズに適さない場合が多いです。そのため、転職の話をすぐに切り上げて多くの企業を勧めてくるエージェントにはご注意ください。

サポート体制が整っていない

サポート体制が整っていない転職エージェントは危険です。時間をかけず流動的な流れで転職相談から面接となると、その企業の情報やニーズを把握できていないので不採用の確率は高まります。

このようなポイントを把握しておくと転職エージェントを見極める際にも役立ちます。
東京都にあるPCPは自身も転職エージェントですが、同時に他社エージェントの使い方も合わせて指導する、会計士に寄り添うコンシェルジュです。私たちは「公認会計士に特化した転職エージェント」「豊富な経験を持った会計士によって行われるキャリアコンサルタント」「徹底したサポート体制」という3つの強みを持っています。
相談無料となっておりますので、他社との比較のためにもまずは一度お問い合わせください。