三大難関国家資格である公認会計士。こちらでは、公認会計士の専門的な知識や経験が活かせるビジネスフィールドを見つける方法をご紹介します。

1.採用企業のサイトに直接応募

<メリット>

採用成立にあたるコンサルティングフィーが発生しない
仲介役を介さないのでやり取りをスピーディーに行える

<デメリット>

待遇条件などの交渉を自分自身で行わなければならない
企業に関する必要な情報を自ら調べなければならない
履歴書や面接の対策を取りづらい

2.紹介者経由での応募

<メリット>

入社前に企業の様々な情報が得られる
関係者の知人ということで採用の確率が高くなる

<デメリット>

通常のプロセスを経ずに転職すると企業と転職者のミスマッチが起こりやすい
紹介者の顔を立てるためにも高いパフォーマンスを維持しなければならない
企業とマッチしていないと感じても辞めるに辞められない状況に陥る

3.転職エージェントを利用する応募

<メリット>

専門性分野に特化した転職支援を無料で受けられる
採用の募集背景や人材ニーズなどの情報が得られる
条件・キャリアプラン・希望をヒアリングした上で適切な求人情報を提供してくれる
求人媒体や職安に掲載されていないような非公開の求人へ応募できる
円滑な転職活動のためにスケジュール調整をしてくれる

<デメリット>

エージェントによって得意不得意がある
様々な観点から判断した最適な企業を紹介するので数に限りがある
エージェントコストが間接的に発生する

上記のようにそれぞれの方法にメリット・デメリットがございます。しかし、まずは無料で相談できてリスクも少ない転職エージェントの利用がおすすめです。
公認会計士の転職に強い転職エージェントをお探しでしたら、PCPへご相談ください。
東京にあるPCPは、会計士の会計士による会計士のための転職エージェントとして、他社エージェントの使い方も合わせて指導する、会計士に寄り添うコンシェルジュです。求人情報の紹介はもちろん、キャリアアップを目指す方のために求人セミナーも開講しておりますので、ぜひご参加ください。