独立会計士の働き方①「会計事務所型と単独型のメリット・デメリットとその実態」

ほとんどの会計士(直近では合格者の9割以上)がファーストキャリアとして監査法人を選択しています。そのうちの大半が監査法人を途中で辞めて新たな道へと進んでいきます。新たな道としては、転職又は独立・起業が考えられますが、今回は「独立・起業」にフォーカスして3回シリーズ(8月、9月、10月)でセミナーを企画しています。

第1回目は、独立した会計士が会計事務所を立ち上げて他の会計士や税理士等を仲間として巻き込みながら仕事を進めていくケースと、単独でプロフェッショナルとして仕事を進めていくケースを比較検討し、そのメリット・デメリットとその実態についてパネリストに語っていただきます。この実態を知ることで、将来的に独立しようと考えている会計士の方々は現時点で今何を準備すべきかを認識できるとともに、自身が独立に向いているかどうかの適性についても見つめ直すことができるでしょう。

本セミナーでは現役で独立会計士としてご活躍されている3名の会計士をお招きしています。彼らが語る独立してからや独立前の実体験のエピソードは、どんな本を読みこむよりも示唆に富むものでしょう。ご自身に合った将来に役立つ「気づき」をぜひ得てください。

セミナー終了後には独立会計士のパネリストの方々および参加者の皆さまと懇親会を実施する予定です。
会計士の働き方が監査以外に多様化してきている現在、今勤めている法人に留まることはもちろん、法人グループ内への異動や他企業への転職を考える際に、他の会計士の方々と意見交換することは非常に有意義なものとなるはずです。ぜひ是非ご参加ください。
なお定員以上のお申し込みはキャンセル待ちとさせて頂きますので、お早めにご応募頂けますよう宜しくお願い致します。

セミナー内容

【第一部】
「株式会社ピー・シー・ピーより」
(15:00~15:30)
①会計士キャリアの実情
②よくあるエピソード
③これからの会計士の働き方

【第二部】
「独立会計士とパネルディスカッション形式で対談」
(15:40~17:10)
①自己紹介
②会計事務所型と単独型のメリット・デメリットとその実態
③質疑応答(事前受付分)

【第三部】
座談会
(17:20~18:00)

【セミナー終了後】
場所を替えて懇親会
※別途参加費を5千円ご負担頂きます。
(18:30~20:30)

対象者

≪資格≫
・日本公認会計士協会正会員、準会員
※参加者にはCPE単位(3単位)が付与されます

定員

定員:30名 → 35名(好評につき定員増枠)

参加費

無料

開催日時

平成29年8月26日(土)15:00~18:00

開催場所
フクラシア八重洲(東京) I会議室
東京都中央区八重洲2-4-1 ユニゾ八重洲ビル(常和八重洲ビル)3F
・JR[東京]駅 八重洲地下街5番出口目の前
・JR[東京]駅 八重洲南口より徒歩3分
・東京メトロ銀座線「京橋」駅7番出口より徒歩4分

パネリスト
(五十音順、敬称略)
伊藤 英佑(いとう えいすけ)
伊藤会計事務所代表

1978年神奈川県生まれ、早稲田大学政治経済学部卒。中央青山監査法人を経て、2005年、伊藤会計事務所開業、ベンチャー企業の支援業務及び資産管理サービスを行う。複数のベンチャー企業の非常勤・社外役員も歴任。ベンチャー企業には、資本政策、IPO、M&A等の案件の関与が多い。資産管理サービスは、経営者や資産家の税金対策及び税務業務、資産管理会社の運営サポートなど、総合的なフィナンシャルプランニングを支援している。長期分散投資を志向した資産運用も自ら行っており長年の経験がある。早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了、AFP(ファイナンシャルプランナー)保有。


服部 峻介(はっとり しゅんすけ)
Seven Rich会計事務所 代表取締役社長・所長 服部 峻介

1983年札幌市生まれ、2006年北海道大学卒業後、有限責任監査法人トーマツ入社後、上場企業の監査、内部統制、IPO支援等を実施。2011年Seven Rich会計事務所を開業。平均年齢が60歳の税理士業界の中で数少ない若手としてスタートアップ企業を中心に、6年で450社の新規クライアントの支援を35名の組織で行う。ベンチャー企業が多く、会社の設立から経理、総務、ファイナンス、事業計画の作成、IPOコンサル、等幅広く支援を実施。 ベンチャー企業からは融資の相談が多く、年間数十件、5億円程度のデットファイナンスを実施。またM&Aの相談も多い。複数のベンチャー企業の取締役、監査役としても活動している。


宮崎 良一(みやざき りょういち)
株式会社BridgeConsulting代表取締役CEO

2005年、同志社大学商学部卒業、有限責任監査法人トーマツ・トータルサービス1部に入所。2006年、公認会計士試験合格。公認会計士の独占業務である会計監査を中心に、IPO支援業務、内部統制支援業務、IFRS導入支援業務等、さまざまな業務を経験。5年間の監査法人経験を得て、2011年10月、経営管理部門を総合的に支援する「株式会社Bridge」(現・株式会社BridgeConsulting)を設立し、代表取締役CEOに就任。その後、中村弘会計事務所に参画し、2011年12月、「税理士法人Bridge」に名称変更すると同時に、代表社員に就任。その他、複数の事業会社の社外役員を兼務。現在は、東京と大阪を往復しながら会計、税務、IPO支援分野でのコンサルティングサービスを展開し、東京のIPOコンサルティングマーケットの雄として注目を集める。


<ファシリテーター>

桑本 慎一郎(くわもと しんいちろう)
株式会社ピー・シー・ピー 代表取締役

1981年大阪府生まれ。同志社大学商学部卒業。公認会計士。有限責任監査法人トーマツに入社し、上場企業や金融機関に対する法定監査業務に従事。その後、ベンチャー企業の管理部長や上場企業の経理マネジャーを経験。「公認会計士が活躍できる最適な会社を紹介していくことで日本経済の発展に貢献したい」と考え、2011年に会計士専門の転職エージェントである株式会社ピー・シー・ピーを創業。

備考
【ドレスコード・服装】
なし(カジュアルウェアでお越しください)

【持参物】
懇親会用にお名刺をご持参ください。また、出席管理のため受付にてお名刺を1枚頂戴いたします。

【注意事項】
セミナー欠席のご連絡、個別での質問および面談をご希望の方は、info@sk-pcp.co.jpまでご連絡ください。