ベンチャーCFOなら知っておくべき資本政策の基礎

会計士がベンチャー企業でCFOを担う際に求められる資質として資金調達能力があります。特に、エクイティファイナンスに関する需要は高くあります。しかし、会計士の多くは資金調達の経験が無いためにエクイティファイナンスを考えているベンチャー企業経営者の期待に応えられないでいるケースが散見されています。

今回のセミナーでは、多くのIPO準備企業に対して資金調達に関するアドバイスの実績があるあいわ税理士法人でご活躍中の方をお招きして、資金調達に関する実務の中でも間違うと取り返しがつかなくなってしまう資本政策に関する実務についてお話いただきます。また、会計士として最低限知っておくべきM&AやFAS業務の基礎についても語っていただきます。

本セミナーで資本政策の勘所を理解し、ファイナンスの重要性を知っておくことはご自身が経営者からの信頼を勝ち得るのにきっと役に立つことでしょう。また、今後ご自身が学び経験すべきことが何であるかを整理するきっかけになれば幸いです。

セミナー終了後にはご登壇のパネリストの方々および参加者の皆さまと懇親会を実施する予定です。
会計士の働き方が監査以外に多様化してきている現在、いま勤めている法人に留まることはもちろん、法人グループ内への異動や他企業への転職を考える際に、他の会計士の方々と意見交換することは非常に有意義なものとなるはずです。ぜひ是非ご参加ください。
なお定員以上のお申し込みはキャンセル待ちとさせて頂きますので、お早めにご応募頂けますよう宜しくお願い致します。

セミナー内容

【第一部】
ご挨拶(株式会社PCP)
(15:00~15:10)

【第二部】
資本政策実務セミナー(あいわ税理士法人)
(15:10~17:30)
・資本政策(45分)-杉山康弘
・M&A、FAS業務(45分)-天野賢司
・税理士法人で働く道(30分)-土屋憲
・質疑応答(20分)
※小休憩を含む

【第三部】
懇親会
(17:30~18:30)

対象者

≪資格≫
・日本公認会計士協会正会員、準会員
※参加者にはCPE単位(3単位)が付与されます

定員

20名 → 25名(好評につき増席)

参加費

無料

開催日時

平成30年2月24日(土)15:00~18:30(受付開始14:45~)

講師紹介(敬称略)
杉山康弘(すぎやまやすひろ)(税理士)

早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。大手会計事務所に入所後、2005年にあいわ税理士法人に入所。2015年に代表社員に就任。
現在、上場準備企業への資本政策コンサルティングや各種上場準備支援業務に多数従事するほか、オーナー企業への相続・事業承継コンサルティングや連結納税・組織再編などの税務実務に精通。また、各種セミナー講師としても活躍中で、丁寧でわかりやすい解説と実践的指導には定評がある。

土屋憲(つちやけん)(公認会計士)

法政大学経済学部卒業。
中央監査法人(現みすず監査法人)、新日本有限責任監査法人を経て、 2015年あいわ税理士法人入社。
大手監査法人にて一部上場企業の監査やIPOサポート業務に従事。2006年からメガバンクに出向し、事業再編や事業承継業務なども経験。復帰後、起業家アワードの企画運営やベンチャー支援の各種イベント、セミナー講師などを数多く担当し、現在に至る。健全な企業の発展のために、企業にとってどのようなサポートが必要かを常に心がけ、業務に従事している。

天野賢司(あまのけんじ)(税理士)

慶應義塾大学経済学部卒業。
中小企業金融公庫(現日本政策金融公庫)、KPMG税理士法人、㈱リクルート(現㈱リクルートホールディングス)、高野総合会計事務所を経て、
2014年あいわ税理士法人入社。
企業税務に幅広く精通し、中堅企業、上場企業、および外資系企業等に対し、主に株式公開支援、組織再編、M&A、国際税務等の側面からコンサルティング業務を提供している。主に財務デューデリジェンス、企業価値算定、組織再編コンサルティング、株式公開に係る資本政策コンサルティング、国際税務コンサルティングを得意としている。銀行や事業会社勤務で、大企業の組織運営や経営の一端を覗いてきた経験から、専門家的視点に寄りすぎず、現場の判断軸を尊重した当事者意識の高いソリューションの提供を心がけている。

備考

【ドレスコード・服装】
なし(カジュアルウェアでお越しください)

【持参物】
懇親会用にお名刺をご持参ください。また、出席管理のため受付にてお名刺を1枚頂戴いたします。

【注意事項】
セミナー欠席のご連絡、個別での質問および面談をご希望の方は、info@sk-pcp.co.jpまでご連絡ください。